皆さんは、LUNAとエンジェルアップを比較したことがありますか?双方ともにバストアップサプリではありますが、複数の点で違いがあります。自分に合ったサプリを選ぶという意味でも、複数の商品を比較することは重要です。

LUNAとエンジェルアップの違いは?

LUNAというサプリも、エンジェルアップというサプリも、バストアップに効果的な商品です。したがって、双方のサプリに興味がある場合、どちらがより自分に適したサプリなのか調べる必要があります。そこで、色々な角度から比較していきましょう。

成分が違う

LUNAとエンジェルアップについては、含まれる成分に違いがあります。そこで、その点を中心に説明します。

LUNAの成分

LUNAの場合、種類によって含まれる成分が大分違います。

まず、きらきら期については、プエラリア・ミリフィカ等が含まれています。

次に、まったり期については、チェストツリーやワイルドラム等が含まれています。

エンジェルアップの成分

プエラリアやプラセンタエキス、フェヌグリーク種子エキスやハトムギ等に加え、その他豊富なビタミン群が含まれています。

飲み方がちがう

サプリメントというと、飲み方が一律だと思われがちですが、実際はそうではないケースもあります。LUNAとエンジェルアップについても、飲み方に違いがあるため、その点について説明しましょう。

生理周期に合わせて飲み分けるならLUNA

女性の身体には、黄体期と卵胞期があります。黄体期についてはプロゲステロンが多く分泌され、卵胞期についてはエストロゲンが多く分泌されます。

LUNAの場合、その黄体期と卵胞期に応じて飲み分けるというタイプのサプリメントです。キラキラ期とまったり期がそれぞれあるため、この点が特徴でもあります。

面倒くさがりやさんならエンジェルアップ

飲み分けるのがいちいち面倒だと思う人に対しては、エンジェルアップをおすすめします。なぜなら、エンジェルアップの場合は飲み分けの必要がないからです。

それなのにもかかわらず、LUNAと同様にバストアップの効果が期待できるサプリメントなため、こちらを選択する人も多いかもしれませんね。

目的が違う

LUNAもエンジェルアップも、バストアップサプリメントという括りになりますが、細かく見ていくと目的別の商品になっています。そこで、どのような目的によって分かれているのかという点について説明します。

月経不順を治したいなら…

月経不順に悩んでいるなら、LUNAを選択することをおすすめします。なぜなら、女性ホルモンのバランスを整えるという点が、LUNAを飲むことで期待できる効果の1つだからです。ホルモンバランスの乱れによって体調を崩すケースも多いことから、そのようなマイナス要素にも配慮した商品が、LUNAというわけですね!

お肌をキレイにしたいなら…

バストアップとともに、肌をキレイにしていきたいという人には、エンジェルアップをおすすめします!なぜなら、エンジェルアップには数十種類の美容成分が含まれているからです。女性であれば、肌のコンディションを意識するのは当然です。そのため、そのような女性の気持ちに配慮した商品が、エンジェルアップというわけですね!

正しく飲まないと危険?!副作用に注意しよう

基本的にはどのサプリメントにおいても、飲むにあたってのルールというのは定められています。このルールを守らずに使用してしまうと、身体に悪影響が及ぼされる可能性も十分考えられます。つまり、副作用が懸念されるということですね。そこで、主に注意点について説明しましょう。

飲みすぎはダメ

サプリメントについては、飲めば飲んだ分だけ効果が得られると思っている方がいますが、それは大きな間違いです。

LUNAとエンジェルアップについても、定められた用量というのがあるため、それをきちんと守るようにしましょう。

また、双方のサプリメントには、ともに多種類の成分が配合されています。そのため、過剰に飲むことにより、身体への悪影響が懸念されるのです。

タイミングを守る

サプリメントについては、飲むタイミングというのも重要になるケースがあります。

まずLUNAについては、卵胞期にきらきら期を、黄体期にまったり期を選んで飲むようにしましょう。

それに対し、エンジェルアップについては、このタイミングでなければならないという明確なルールはありません。

なりたい自分に合わせてサプリを選ぼう

急いでサプリメントを選んでしまうのではなく、まずはどんな自分になりたいのかイメージすることが大切になります。きちんとイメージできた段階で、どのサプリメントが良いか考えて選ぶといいでしょう。

基本的に、同じジャンルのサプリメントでも、その種類によって少なからず効果に違いがあります。そのため、バストアップサプリメントならどれも同じでしょ?というような考え方にならないようにしましょう。